Skip to content


犬糸状虫症(フィラリア症)

犬糸状虫症(フィラリア症)

投稿者 hagiwara | 予防, 勉強会

犬糸状虫症による感染症で、成虫は長さ15~30cmまで達する線虫です。成虫は右心室・肺動脈に寄生し、新鮮な赤血球を食べます。
症状は寄生数やわんちゃんによって異なり、無症状から重症例まで様々です。重症になると体重減少、運動不耐性(運動をしたがらない)、咳、うっ血性心不全、腹水の貯留がおこり、最終的には死亡してしまいます。
とても恐ろしい病気ですが、お薬をのませることによってほぼ100%予防することができます。まず、フィラリアのライフサイクルについてご説明させて頂きます。

*フィラリアのライフサイクル*
1.フィラリアに感染しているわんちゃんを蚊が吸血することで、ミクロフィラリア(フィラリアの子虫)が蚊の体内に入ります
2.子虫は蚊の体内で感染幼虫に発育します
3.感染幼虫をもった蚊が他のわんちゃんを吸血する時、幼虫が皮膚に侵入し感染します
4.わんちゃんの体内で発育を続けます(感染幼虫→第3期子虫→第4期子虫→第5期子虫→成熟成虫(これがミクロフィラリアを産みます))。
現在、一般的にフィラリアの予防薬といわれているお薬は、感染幼虫→第3期子虫→第4期子虫を駆虫(特に第4期子虫はほぼ100%駆虫できるといわれています)します。ここで投薬を空けてしまうと、第4期子虫が第5期子虫→成熟成虫になってしまいます。そうなると予防薬では駆虫できなくなってしまいます。よって、1ヵ月に1回の予防薬の投与が必要になります。一般的に予防薬と言われていますが、実は駆虫薬なのです。よって蚊が出始めてから1ヵ月後~蚊がいなくなってから1ヵ月後まで投与しなければいけません。

20091127-02

20091127-03

万が一、フィラリア症に感染しているにも関わらず、予防薬を投与してしまうと、血液中のミクロフィラリアが一気に死滅してしまい、死滅したミクロフィラリアが血管に詰まったり、アナフィラキシーショックを起こす危険性があります。よってフィラリアの予防薬を投与する前にはフィラリアに感染していないか調べるために、毎年検査する必要があります。「前の年に早めに投薬時期を切り上げてしまった」「薬を与えるのを忘れた月がある」「わんちゃんが薬を吐き出していたのに気づいていない」などの理由から、予防薬をあげているからといって絶対に感染していないといいきることはできません。診断はミクロフィラリア検査(犬の血液を採って顕微鏡でのぞく方法)と抗原検査(フィラリア成虫から排泄される微量な物質を抗原抗体反応でみる方法)があります。検出感度はミクロフィラリア検査で50%以下ですが、抗原検査は約90%以上と大変検出感度に優れているため、当院では抗原検査をお勧めしています。

*当院で使用している犬糸状虫成虫抗原検査キット「ソロステップ」*

20091127-04

お問い合わせ:TEL 042-531-3912

■東京都立川市のマミー動物病院/対応エリア

<東京都> 立川市、武蔵村山市、昭島市、福生市、瑞穂町

コメント:0