Skip to content


リンパ腫のレスキュープロトコール

リンパ腫のレスキュープロトコール

投稿者 hagiwara | 治療例, 腫瘍科

「リンパ腫」はわんちゃんに比較的多い悪性腫瘍です。リンパ腫には発生部位によって様々な型があり、なかでも一番多い「多中心型リンパ腫」では無治療での生存期間は46週といわれています。

リンパ腫の治療法には化学療法(抗がん剤)、外科療法、放射線療法がありますが、通常の第一選択は化学療法(抗がん剤)になります。


第一選択の抗がん剤は、

ドキソルビシン

adm


ビンクリスチン

vcr


サイクロフォスファマイド

cpm


プレドニゾロン(ステロイド)

e38397e383ac

になります。


上記抗がん剤がすでに効かなくなったリンパ腫に対して実施される抗がん治療をレスキュープロトコールといいます。

今回、第一選択の抗がん剤に対し反応がみられなくなってしまったリンパ腫のわんちゃんに対し、レスキュープロトコールを行うことによって腫瘍の縮小がみられたためご紹介させて頂きます。


【症例】

パグ メス 3

「リンパ腫治療で様々な抗がん剤(ドキソルビシン・ビンクリスチン・サイクロフォスファマイド・メトトレキセート・L-アスパラギナーゼ・プレドニゾロン)を使用したが反応しなくなり腫瘍が大きくなってしまった。昨日から頚部が腫れて呼吸が苦しそう。」との主訴で来院されました。

e9a09ae983a8e885abe884b9

全身のリンパ節がかなり大きくなっており、頚部は腫脹し浮腫がみられました。

まだ3歳なので若々しく、名前を呼ぶといつも顔を傾けてくれるかわいいわんちゃんです。

e9a194e582bee38191

すでに第一選択の抗がん剤に対し反応がなくなっているため、各種レスキュープロトコールを提示いたしました。


【各種レスキュープロトコール】

現在、様々なレスキュープロトコールが報告されています。下記プロトコールの詳細(用量・副作用など)は日本語で詳しく記載された論文はないため、海外文献を読まなければなりません。このような時、英語が母国語だったらよいのになと思います。

薬剤

症例数

(例)

反応率

(%)

完全寛解率

(%)

反応中央値

(日)

ミトキサントロン(Moore 1994)

44

41

30

ミトキサントロン(Lucroy 1998)

15

47

47

ロムスチン(Moore 1999

43

27

7

86

MOPP (Rassnick 2002)

117

65

31

61

DMAC (Alvarez 2006)

54

62

44

61

L-アスパラギナーゼ+ロムスチン(Saba 2007)

31

87

52

63

ロムスチン-ダカルバジン (Flory 2008)

57

35

23

83(CR)

25(PR)

アクチノマイシンD (Bannink 2008)

49

41

41

129

それぞれの利点・欠点、副作用、投与回数などについてご説明させて頂いたところ、L-アスパラギナーゼ+ロムスチンプロトコールを選択されました。


このプロトコールでは

L-アスパラギナーゼ

l-asp


ロムスチン

ccnu

を併用します。


投与したところ、翌週には全身のリンパ節はかなり小さくなり、呼吸はだいぶ楽になりました。

e68a95e4b88ee5be8c


投与前までは呼吸困難で夜深く眠れませんでしたが、ぐっすり睡眠をとることができるようになりました。

この子は、みんなに「かわいい」といわれるのが大好きで、カメラ撮影も大好きだそうです。

e9a194


少しでも良い状態を保つことができ、飼い主様やお家のわんちゃんと楽しい生活を送ることができればと思います。

お問い合わせ:TEL 042-531-3912

■東京都立川市のマミー動物病院/対応エリア

<東京都> 立川市、武蔵村山市、昭島市、福生市、瑞穂町

コメント:0