Skip to content


難治性下痢

難治性下痢

投稿者 hagiwara | 勉強会, 消化器疾患

こんにちは。獣医師の萩原です。523日(日)は診察が終わってから「難治性下痢」についての勉強会に参加してまいりました。

下痢はわんちゃん・ねこちゃんともに来院理由として最も多い病気の1つです。

一般的に下痢をしている子全員に多くの検査が必要になるわけではありません。対症療法(止瀉剤・整腸剤・抗菌薬など)で短期間のうちに症状が消失すれば必ずしも精査は必要ではありません。実際、下痢で来院されるほとんどの子は対症療法で治ることが多いです。

しかし、対症療法を行っても下痢が完全に良化せず慢性化してしまった場合(3週間以上)には、慢性疾患が存在する可能性があるため精査を考慮します。また下痢以外の症状(体重減少・食欲低下・嘔吐など)が重度に認められる場合には時間的な余裕があまりないと考え、精査を急ぎます。

今回は慢性下痢の原因として多い疾患(細菌性腸炎・消化器型リンパ腫・リンパ管拡張症・大腸炎症性ポリープ・炎症性腸疾患・過敏性腸症候群など)の診断・治療法についての講義を聴き、新たな発見があり勉強になりました。

【実家の愛犬ゴンちゃん(12歳・柴犬】】
e3818ae381ade38280e38194e38293e381a1e38283e38293
ゴンちゃんも今まで何度か下痢をしたことがありますが、全て対症療法で良くなりました。

私も獣医師になりたての頃、原因不明の下痢が約1ヵ月間続き、8kgくらい痩せたことがあります。精査をしましたが、特に異常はみられず、過敏性腸症候群(ストレス)ではないかと言われました。(その後すぐにリバウンドで太ってしまい、以前より体重は重くなってしまいました・・・)
わんちゃん・ねこちゃんもストレスで下痢をすることがあります。下痢をした時にはまずは何かストレスになること(環境・気温・食事の変化など)がなかったか思い返して頂ければと思います。

【たいやきのぬいぐるみをくわえるハリー君】
e3819fe38184e38284e3818d
ハリー君は毎日快便で、お腹は強いほうです。

お問い合わせ:TEL 042-531-3912

■東京都立川市のマミー動物病院/対応エリア

<東京都> 立川市、武蔵村山市、昭島市、福生市、瑞穂町

コメント:0