Skip to content


本日のわんにゃんドック

本日のわんにゃんドック

投稿者 hagiwara | わんにゃんドック

本日の「わんにゃんドック」は8歳のマルチーズの女の子でした。

efbc91e3818ee38293e381a1e38283e38293

この子はまだお家に来たばかりで、一度、一通り健康診断を受けたいとのご希望があり、ご家族の方とご相談した結果、わんにゃんドックを受けて頂くことになりました。

わんにゃんドックとは、「一般身体検査・尿検査・糞便検査・血液検査・胸部レントゲン・腹部レントゲン・超音波検査」で全身を一通り検査する、人間ドックのような検査になります。

あらかじめお電話または御来院にてご予約を頂きます。検査当日は10時までに御来院頂き、ご家族の方に色々とお話しを伺います。(問診)

その後、お預かりし一般身体検査になります。体重・体温・体脂肪・心拍数・呼吸数を測定し、皮膚・眼・耳・口・鼻・四肢・体表リンパ節などを一通り視診・触診・聴診します。

2e8baabe4bd93e6a49ce69fbb

次に、少しだけ採血し、血液検査を行います。院内に血液検査機器があるため、20分ほどで結果がでます。

3e8a180e6b6b2e6a49ce69fbb

レントゲン検査を行います。動物種・体重・撮影箇所を選択します。

4e383ace383b3e38388e382b2e383b3

レントゲンは基本的に胸部2~3枚、腹部2~3枚撮影します。

5e383ace383b3e38388e382b2e383b3

次に第1診察室でエコー検査(超音波検査)を行います。

6e382a8e382b3e383bc

マットの上に仰向けになって寝てもらい、可能ならばお腹の毛を悌毛させて頂いております。

この子も力を抜いておとなしくしてくれていたので、負担なく検査することができました。

7e382a8e382b3e383bc

超音波検査では、肝臓→脾臓→左腎臓→左副腎→膀胱→腰下リンパ節→子宮または精巣→右腎臓→右副腎→胃→小腸→膵臓→大腸→心臓の順にみていきます。このように毎回検査する臓器を順番で決めておくことによって、検査のやり忘れがなくなるため、私はこの順に検査しています。

【肝臓】

8e8829de887931

最後に今回の検査結果・問題点・今後の方向性などをまとめ、「わんにゃんドック結果報告書」としてファイリングしてお渡ししております。その日の混雑の状況にもよりますが、退院は大体6時頃になります。

9e5a0b1e5918ae69bb8

これだけ多くの検査をしますと相当時間がかかります。一気に全部検査を終わらせようとすると、わんちゃん・ねこちゃんが疲れてしまうため、検査→お休み→検査→お休みと、検査の間にお休みをいれてできるだけ体に負担がかからないように注意しております。


これら多数の検査をセットにすることで、全身を系統だってみることができ、病気の検出率が高くなります。また、それぞれ別に検査するよりも費用はかなりお安くなっております。(わんにゃんドックの費用15000円(20kg未満)・17000円(20kg以上))(1つ1つ検査をしますと約2500030000円前後の費用がかかります。)

若いうちから系統だった検査をして健康な時の血液の数値などを把握しておけば、今後、体調を悪くした時に比較する事ができ、とても参考になります。


もし興味がございましたら、一度ご相談ください。

お問い合わせ:TEL 042-531-3912

■東京都立川市のマミー動物病院/対応エリア

<東京都> 立川市、武蔵村山市、昭島市、福生市、瑞穂町

コメント:0